_KEW053744

地元主婦の強い味方!

沖縄県内に現在9店舗展開しているJAおきなわのファーマーズマーケット。それぞれの地域で朝採れたばかりの農作物が生産者によって直接搬入されるから、とびきり新鮮な野菜や果物が手に入ります。しかもJA管轄で農薬などの検査基準が厳しいため安心。さらにスーパーなどで買うよりもかなり安くて大量に入っているものも多いため、地元の主婦たちの強い味方なのです。

 

_KEW0537

地域ごとの特色も面白い

ファーマーズマーケットにはそれぞれ特色があり、糸満の「うまんちゅ市場」は漁業の街なので魚市場を併設していたり、紅芋で有名な読谷村の「ゆんた市場」では、紅芋を食べて育ったブランド豚「紅豚」のハンバーガーが人気です。
そして豊見城市にある「菜々色畑(なないろばたけ)」は、9店舗中、唯一の女性店長ということもあり、スタッフは女性中心。

那覇空港から近いという土地柄、沖縄旅行の最後に立ち寄る観光客も多く、スタッフは沖縄野菜の調理法を説明できるよう定期的な勉強会を行うなど女性目線の細やかな接客が評判です。

併設の食堂でアンマー(お母さん)たちのつくる沖縄家庭料理を食べて、かまぼこや豆腐などを買って帰る人も。惣菜やカットフルーツ、ケーキなども取り揃えているので、テイクアウトしてドライブのお供にもOK。

 

沖縄マンゴー

沖縄の太陽をたっぷり浴びた、野菜や果物

豊見城市はセロリや青梗菜といった葉野菜が豊富で、近年はハウス栽培によるトマトの安定供給に成功しました。

そしてなんといってもマンゴー。マンゴーの里として名乗りを上げていることもあり、夏になると贈答用やお土産用のマンゴーが所狭しと並び甘い香りでいっぱいになります。

もちろん自宅用のバラ売りもあり。他の農作物は生産者の方たちが直接搬入しますが、マンゴーだけは一旦検査場に集められ、糖度センサーで一定の糖度以上のものだけが選別されて店頭に並びます。だから甘さは保証付き!

豊見城産マンゴーは5月末から出荷がはじまり、7月になると週末ごとにイベントが開かれて、試食会などもあるのでお楽しみに。

 

菜々色畑(なないろばたけ)

http://www.ja-okinawa.or.jp/

 

 

編集部より

ファーマーズマーケットと聞くと、ハワイを連想してしまう私ですが、沖縄にもこんなに素敵なマーケットがあったんですね。今度沖縄にいった際には是非立ち寄りたいと思います。
でも、なかなか沖縄にいけないよ・・・という方に朗報。実はあちこちでファーマーズマーケットは開催されているのです!東京だと青山や二子玉川、大阪だと心斎橋、名古屋だと栄なんかで開催されているようですよ!