「長寿宣言の村」石碑 大宜味村

「長寿宣言の村」石碑

ご存知のとおり、世界最長寿国である日本。その中でも、特に長寿地域として知られているる沖縄県ですが、その沖縄県にあってもっとも長寿の村は本島北部にある「大宜味村」。

なぜ大宜味村は長寿なのか?

それは今でも受け継がれている沖縄の伝統的食生活にあると言われています。

そして、大宜味村の「道の駅おおぎみ」には、大宜味村老人クラブ連合会が建てた「長寿宣言の村」石碑があります。
この石碑にはこのように書かれています。

宣言

日本一長寿沖縄県
沖縄一長寿大宜味村

我々大宜味村老人は、
自然の恵みにその糧を求める、
伝統的食文化の中で長寿を全うし、
人生を謳歌している。
80(歳)はサラワラビ(童)、
90(歳)となって迎えに来たら、
100(歳)まで待てと追い返せ。
我らは老いて、ますます意気盛んなり、
老いては子に甘えるな。
長寿を誇るなら我が村に来れ、
自然の恵みと長寿の秘訣を授けよう。
我が大宜味村老人はここに
長寿の村日本一を高々に宣言する。

この石碑に書かれた宣言を読み、大宜味村で暮らす元気なお年寄りの皆さんの心意気が感じられます。

私たちも大宜味村のお年寄りの皆さんに習って、食生活を見直して、元気に若々しく過ごせるように頑張らなくてはいけませんね。

■道の駅おおぎみ

〒905-1307
沖縄県国頭郡大宜味村根路銘1373
0980-44-3048