fuchbajuicy
 

琉球王朝時代にインドから伝わったウコン(ターメリック)は、ポリフェノールの一種であるクルクミンという色素による鮮やかな黄色が特徴。沖縄では「うっちん」の名で親しまれ、お茶にしたり野菜や豚肉などが入った炊き込みご飯「じゅーしぃ」の色付けや香り付けにも使われます。 うっちんの黄色、フーチバー(よもぎ)の緑、ひじきの黒、ニンジンの赤と彩りがよく、香りも独特でインパクト大な一品。
 

【材料】4人分

かつおだし汁・・・・・・・・・540ml
米・・・・・・・・・・・・・・3合
乾燥ひじき・・・・・・・・・・20g
ニンジン・・・・・・・・・・・150g
豚ばら肉・・・・・・・・・・・200g
ウコン粉(ターメリック)・・・小さじ1
フーチバー(よもぎ)・・・・・適宜
サラダ油・・・・・・・・・・・少々
<A>
酒・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
しょうゆ・・・・・・・・・・・大さじ2
塩 ・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
 

【作り方】

①かつおだし汁を作り、冷ましておく。
②米は洗って30分程度水に浸けておく。
③乾燥ひじきは洗ってもどし、長ければ1.5cmくらいに 切っておく。ニンジンは5mm~1cmの角切りにする。豚バラ肉はゆでて短冊切りにする。
④炊飯器に水気をきった米とかつおだし汁、ウコン粉を 入れてまんべんなく混ぜ、Aを入れ、③を加えて炊く。
⑤炊き上がったらみじん切りにしたフーチバー、サラダ 油をかけて混ぜ合わせる。

編集部より

野菜や豚肉を入れた炊くじゅーしぃは沖縄の伝統的な家庭料理のひとつ。豚ばら肉は脂身が多いので、下ゆでしてしっかり脂を抜いておきましょう。フーチバーが手に入らなければ、同じキク科でβ-カロテン豊富な春菊を使ってもOKです。